メディア
ニュース
» 2010年02月25日 11時00分 公開

富士電機がGEと合弁会社を設立、国内のスマート・グリッド向けメーターを開発エネルギー技術 スマートグリッド

General Electricは米国でANSI仕様のスマートメーターを、欧州ではIEC仕様のスマートメーターを出荷している。合弁会社を通じて日本市場に向けたJIS仕様の製品の販売を狙う。

[EE Times Japan]

 富士電機ホールディングスは2010年2月25日、米General Electric(GE)と電力メーター事業に向けた合弁会社を設立することで合意したと発表した。次世代電力網であるスマートグリッドに不可欠な電力メーター(スマートメーター)を狙う。資本金の出資比率は富士電機ホールディングスが過半数を占めると見られる。

 年内をめどに設立する新会社では、日本国内に向けたスマートメーターの設計から製造、販売までを事業化する。スマートメーターの生産拠点としては富士電機ホールディングスの安曇野工場を候補に入れているという。

 スマートメーターは、従来の電力計に通信機能を加えることで、電力会社が家庭での電力の利用状況をリアルタイムに取得することを狙った機器である。

 富士電機ホールディングスによると、新合弁会社が生産するスマートメーターは主に家庭向けであり、一部、工場などに設置するものも含むという。

 なお、General Electricは米国でANSI仕様のスマートメーターを販売しており、欧州ではIEC仕様のスマートメーターを出荷している。日本に向けたJIS仕様のスマートメーターは製品化しておらず、合弁会社を通じて日本市場に向けた製品の販売を狙う。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.