メディア
ニュース
» 2010年04月21日 11時00分 公開

カネカがスレート瓦向けの太陽電池モジュールを発売、変換効率は12%エネルギー技術 太陽電池

住宅の屋根に太陽電池を敷設することを考えた場合、屋根面への穴開け工事が不要な製品の方が望ましい。カネカの製品は平板瓦や化粧スレート瓦専用だが、穴開け工事は不要だ。

[畑陽一郎,EE Times Japan]

 カネカは2010年4月20日、住宅用太陽電池モジュール「SOLTILEX」の販売を2010年4月末までに開始すると発表した(図1)。化粧スレート瓦に容易に固定できる点が特長。国内住宅市場に向ける。

 化粧スレート瓦とは長方形で平板な硬質の屋根材。国内の屋根材の20%〜25%を占めるという。SOLTILEXは、既存の化粧スレート瓦に容易に固定できる構造になっている。太陽電池を増設したり、取り外したりするときも、化粧スレート瓦に穴を開けるなどの工事は不要である。

 単結晶Si(シリコン)太陽電池などを用いた太陽電池モジュールを設置する場合は、1m×1.5m程度のモジュールを屋根面上で支えるため、一定間隔ごとに屋根面に穴を開ける工事などが必要だった。

ALT 図1 化粧スレート瓦向け太陽電池モジュールSOLTILEXの施工例 モジュールの寸法は1000mm×400mm×5mm。出典:カネカ

 SOLTILEXはアモルファスSiと薄膜多結晶Si層を重ねたタンデム型薄膜太陽電池パネルを用いた。変換効率は12%。

 タンデム型太陽電池はバルクSiを利用せず、化学的気相成長(CVD)法を用いて製造するため、製造コストを多結晶Siの最大1/2程度まで削減できる。同社によると、製造時に必要なエネルギを発電によって回収するために必要な時間であるエネルギー・ペイバックタイムが1.75年と短い。これは、多結晶Si太陽電池の約1/2に相当するという。

 なお、同社は既に平板瓦一体型太陽電池モジュール「VISOLA」を販売している。今回のSOLTILEXでは、形状を化粧スレート瓦向けに変更した他、外周部のフレームを不要とする構造を採ったため、発電に寄与する面積を拡大できたという。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.