メディア
ニュース
» 2010年06月25日 15時17分 公開

日本TIが16ビットマイコン向け開発キットを発表、価格はわずか4.3米ドルプロセッサ/マイコン

[笹田仁,EE Times Japan]

 日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は2010年6月23日、同社の16ビットマイクロコントローラーである「MSP430 G2xx Value Series」に向けた開発キット「LaunchPad」(図1)を発表した。マイクロコントローラーを接続する開発用ボードのほか、PCとの接続に使うUSBケーブル、16ビットマイコン「MSP430G2211」と同「MSP430G2231」などをセットにしてわずか4.3米ドルで入手できる点が特長。

 開発用ボードは、20ピンまでのDIP(Dual Inline Package)に対応するソケットを備える。開発時には、ここにマイクロコントローラーを挿入し、開発用ボードをUSBでPCと接続する。PCで開発ツールを起動し、プログラムを作成したら、USB経由でマイクロコントローラーにプログラムを書き込める。USBから電源供給を受けるため、ACアダプタなどは不要だ。

図1 図1 LaunchPadに付属する開発用ボード
中央のソケットにマイクロコントローラーを挿し込んで、PCからプログラムを書き込む。

 ボード購入者は、専用Webページで米Texas Instruments社の「Code Composer Studio」や、スウェーデンIAR Systems社の「IAR Embedded Workbench KickStart」といった無償の開発ツールをダウンロードできる。

 マイクロコントローラーにプログラムを書き込んだら、ソケットから取り外して自作のボードに取り付けて動かせる。また、開発用ボードはプッシュボタンやLEDなどを搭載しており、簡単なプログラムなら開発用ボードだけでテストできる。

 付属する2つのマイクロコントローラーのうちMSP430G2231には、10ビットA-D変換器やコンパレータ、温度センサーなどのマイクロコントローラーが内蔵する機能を使うサンプル・プログラムをあらかじめ書き込んである。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.