メディア
ニュース
» 2016年04月15日 11時30分 公開

Facebook、無線インフラの開発に攻勢WiGigベースの基地局など(2/2 ページ)

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

96個のアンテナ素子を搭載

 Project ARIES(以下、ARIES)は、スペクトラム効率(一定の帯域幅で送信できるビット数)とエネルギー効率(一定のエネルギーで送信できるビット数)を大幅に向上すべく、テストプラットフォームを構築するというプロジェクトだ。ARIESで試作されている基地局は96個のアンテナ素子を搭載し、同じ周波数帯において24のデータストリームを同時にサポートできるという。現時点でのスペクトラム効率は71ビット/秒/Hz(bps/Hz)。完成品では、100bps/Hzを超えるスペクトラム効率を目指す。

 大規模MIMOなどのアンテナ技術も採用するとしていて、2020年に一部商用化が期待されている5G(第5世代移動通信)ネットワークに組み込むことを想定しているという。

「Project ARIES」で試作したアンテナアレイのイメージ。96個のアンテナ素子を搭載している(クリックで拡大) 出典:Facebook

 さらにFacebookは、ARIESの技術を無線技術開発のコミュニティーや研究機関に向けてオープンにしたいと発表している。

 Facebookは、このところネットワークの接続性の向上に力を入れている。同社はフランスの通信衛星運営企業であるEutelsat(ユーテルサット)と提携し、2016年後半からアフリカ南部で衛星インターネットアクセスを提供すると発表した。

 Facebookと同様にGoogleなどもWi-Fiや無線関連の技術/サービス開発に注力している。無線LANビジネス推進連絡会 会長の小林忠男氏は、資金力のあるこうした大手OTT(Over the Top)が本気で無線技術/サービスに投資し始めたら、他の企業は歯が立たないのではないか、と指摘している。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.