メディア
ニュース
» 2020年03月19日 09時30分 公開

5Gインフラでシェア拡大狙うIntel、4製品を発表初のストラクチャードASICも(2/2 ページ)

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

買収したeASICの技術をIntelブランドで

「Diamond Mesa」 出典:インテル

 無線アクセスネットワーク向けのストラクチャードASIC「Diamond Mesa」は、Intelが2018年9月に買収したeASICの技術をベースにした製品だ。前世代と比較して性能が2倍、消費電力は50%減となっている。Diamond Mesaは、一部の顧客に先行して提供を開始している。

 Diamond Mesaによって、Intelは無線アクセスネットワーク向けにFPGA、ストラクチャードASIC、カスタムASICの全てを提供できることになると、土岐氏は強調した。「最短の市場投入期間を求める場合はFPGA、最高の性能を求めるならカスタムASIC、そしてFPGAよりも性能を向上させたいが、ASICよりは複雑さを減らしたいというケースでは、ストラクチャードASICを使ってほしい」と同氏は述べる。

 イーサネット 700シリーズ・ネットワーク・アダプター(以下、700シリーズ)は、現在サンプル出荷中で、2020年第2四半期に量産を開始する製品だ。GPSベースのクロス・ネットワーク・サービスにハードウェアでの機能強化を図ったPTP(Precision Time Protocol)を搭載し、5G向けに最適化した。土岐氏によれば、100ナノ秒の位相誤差を実現している。

「イーサネット 700シリーズ・ネットワーク・アダプター」 出典:インテル

 土岐氏は「5Gの時代が到来し、膨大な量のデータ処理が必要になると、クラウドからエッジまでネットワークインフラにはさまざまな課題が生じる。それらを少しでも解決するために今回発表した新製品を開発した。コアネットワーク、基地局、そしてエッジ。それぞれにIntel製品をうまく活用してもらえれば」と語った。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.