メディア
ニュース
» 2021年03月31日 09時30分 公開

JOLED、印刷方式で有機ELディスプレイを量産10〜32型の中型領域で製品展開

JOLEDは、千葉事業所(千葉県茂原市)の量産ラインで製造した有機ELディスプレイ「OLEDIO」の出荷を始めた。同社によれば、印刷方式による有機ELディスプレイの量産は世界でも初めてという。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

「OLEDIO」ブランドで車載用や医療用などに提案

 JOLEDは2021年3月、千葉事業所(千葉県茂原市)の量産ラインで製造した有機ELディスプレイ「OLEDIO」の出荷を始めた。同社によれば、印刷方式による有機ELディスプレイの量産は世界でも初めてという。

 有機ELディスプレイは、高いコントラストが得られ、色再現性や応答性に優れるなど、自発光型ディスプレイならではの特長を持つ。OLEDIOは、印刷方式でRGBの有機EL材料を塗布して発光層を形成する、独自の「TRIPRINT」技術を用いて製造する。

 印刷方式による製造は、既存の蒸着方式に比べ高い技術力を必要とするが、生産工程はシンプルで生産効率に優れている。また、蒸着方式に比べ中型から大型サイズの製造に適した方式だという。

 JOLEDは、印刷方式による製造に特化し、研究開発を進めてきた。2017年にパイロットラインで生産をはじめた。2019年には量産ラインが稼働し、サンプル品の試作に取り組んできた。そして今回、10〜32型の中型サイズで、高い性能と品質を実現した有機ELディスプレイの量産出荷を始めた。ハイエンドモニターや医療用モニター、車載用ディスプレイといった用途に向ける。

 JOLEDの社長を務める石橋義氏は、「高性能で高品質の有機ELディスプレイを画期的な印刷方式で製造し、有機EL市場の中型領域に革新を起こしていく」とコメントした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.