メディア
ニュース
» 2021年09月02日 13時30分 公開

フジクラ、DSSCを用いた電源評価キットを開発e-peasや日本ガイシと共同で

フジクラは、色素増感太陽電池(DSSC)を用いた「電源評価キット」を、ベルギーのe-peasや日本ガイシと共同で開発、サンプル出荷を始めた。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

DSSCと電圧変換IC、蓄電素子を一体化

 フジクラは2021年8月、光発電素子の「色素増感太陽電池(DSSC)」を用いた「電源評価キット」を、ベルギーのe-peasや日本ガイシと共同で開発、サンプル出荷を始めた。

 電源評価キットは、フジクラ製のDSSCと、ベルギーe-peas製の電圧変換IC、日本ガイシ製の蓄電素子などを組み合わせた製品。外形寸法は44×85mmで厚みは4.5mmとコンパクトな設計となっている。出力電圧はDC 3V、蓄電容量は100mWh(27mAh)、最大動作点電力は165μW(白色LED 200lx)である。

 近年は、電池で駆動するIoT機器の導入が本格化している。ただ、従来型の電池では定期的に電池を交換するなど、メンテナンスが必要となっていた。微小な光エネルギーを電気に変換できるDSSCと蓄電用の素子などを用いることで、メンテナンスフリーの電源システムを実現できる。これによって、現場でのデータ収集や送信を途切れなく行うことが可能となる。

電源評価キットの外観 出典:フジクラ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.