メディア
コラム
» 2022年06月07日 17時00分 公開

半導体メーカーにおける「小規模M&A」の価値大規模買収は減少(1/2 ページ)

半導体業界は、困難な状況に見舞われている。半導体需要の急増とサプライチェーンの問題が同時に起こり、エコシステムが衝撃を受けている。半導体業界のリーダー各社は、新しいリソースや機能との競争力を維持するには、独自の機会を活用する革新的な方法を見つけなければならないことを理解している。

[Syed Alam(Accenture),EE Times]

 半導体業界は、困難な状況に見舞われている。半導体需要の急増とサプライチェーンの問題が同時に起こり、エコシステムが衝撃を受けている。半導体業界のリーダー各社は、新しいリソースや機能との競争力を維持するには、独自の機会を活用する革新的な方法を見つけなければならないことを理解している。

 半導体ビジネスにとって、M&Aは伝統的な成長手法だった。しかし、規制当局の審査が強化され、大規模な半導体買収ターゲットが減少したため、半導体メーカーは小規模な取引から価値を最大化する方法を学ばなければならなくなった。

 2017年から2020年にかけて、10億米ドルを超える大型取引がM&A取引全体に占める割合は年々増加し、2017年の2%から2020年には8%に達した。しかし、Accenture StrategyのS&P Capital IQデータ分析によると、2021年以降、こうした動向が反転し、2017年以来初めて10億米ドルを超える大型取引の割合が減少してM&A取引全体の5%になった。ここ1年半は、規制や経済、地政学的な変化によって、市場は明らかな影響を受けている。

半導体業界におけるM&Aとスピンオフの平均取引金額(単位:百万米ドル)[クリックで拡大] 出所:Accenture Strategy

 大型取引の遂行に慣れている経営陣が小規模で頻繁な取引に適応する場合、新たな課題が生じる。経営陣は、100億米ドルの取引をまとめるのと同じ効率で、複数の10億米ドルの取引を計画、準備、完了する方法を学ぶ必要がある。

 こうした戦略の転換は、課題であると同時に、大きなメリットもある。より頻繁に取引を行うことで、M&Aチームは、ターゲットの審査や取引テーマの分析、業務改善の見極めなどの経験を積む機会を得られる。また、小規模な取引を頻繁に行うことで、M&A投資を取引ポートフォリオ全体に分散させてリスクを軽減することができる。

 小規模取引でM&Aを成功させるためには、統合の効率と取引の収益性の最大化によって価値を引き出せるかが鍵となる。Accentureの調査によると、これは3つの要素を考察することで達成できるという。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.