メディア
ニュース
» 2022年06月14日 13時30分 公開

東陽テクニカ、800GbEに対応したテスターを発売ネットワークパフォーマンスを測定

東陽テクニカは、800GbEに対応したSpirent Communications製のネットワークパフォーマンステスター「Spirent B1&B2 800Gアプライアンス」を発売した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

CIG製QSFPDD光トランシーバーと接続したデモも公開

 東陽テクニカは2022年6月、800GbEに対応したSpirent Communications製のネットワークパフォーマンステスター「Spirent B1&B2 800Gアプライアンス」を発売すると発表した。

 今回発売するのは、1Uサイズ高密度モデル「B1 800Gイーサアプライアンス」と、多機能モデル「B2 800Gイーサアプライアンス」の2製品。QSFP-DD800インタフェースを搭載しており、ネットワークパフォーマンステスターとしては、業界で初めて800GbEに対応した製品だという。

上段がSpirent B1 800G、下段がSpirent B2 800Gアプライアンスの外観 出所:東陽テクニカ

 東陽テクニカは、「Interop Tokyo2022」(2022年6月15〜17日、千葉・幕張メッセ)の自社ブースで、CIG Photonics Japan(CIG)が開発中の「800G QSFPDD光トランシーバー」と新製品を接続し、800Gビット/秒の信号を伝送させる共同ライブデモンストレーションを公開した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.