メディア
ニュース
» 2022年01月13日 13時30分 公開

東陽テクニカ、液晶物性評価システムの販売を開始さまざまな評価測定機能を集約

東陽テクニカは、液晶パネルの不良検出や液晶材料の評価を、高い精度で効率的に行える液晶物性評価システム「LCE-X」シリーズを開発、2022年1月14日から全世界で販売する。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

不純物イオン検知で測定周波数範囲拡大、VHR測定は高精度を実現

 東陽テクニカは2022年1月、液晶パネルの不良検出や液晶材料の評価を、高い精度で効率的に行える液晶物性評価システム「LCE-X」シリーズを開発、2022年1月14日から全世界で販売すると発表した。

LCE-Xシリーズの外観 出所:東陽テクニカ

 同社はこれまで、液晶パネルおよび液晶材料を評価するための測定機器として、電圧保持率測定システム「VHR型」や液晶物性評価システム「6254型」、TFT-LCD評価システム「LCM-3型」などを開発し販売してきた。LCE-Xシリーズは、これらのシステムを統合した製品となる。

 イオン密度測定では、測定する周波数範囲を0.001Hz(従来は0.01Hz)までと、これまでより大幅に拡大した。これによって、不純物イオンによる微小な電流ピークの検出が容易となった。電圧保持率(VHR)測定では、繰り返し精度を高めた。この結果、従来に比べ信頼性の高い品質管理が可能になるという。

 さまざまな評価測定機能を1台に集約したことで、機器間の複雑な配線作業が不要となり、ノートPCとLCE-XシリーズをUSB接続するだけで、電気特性の測定や解析を行うことができる。制御・解析用ソフトウェアも刷新した。測定結果の自動保存機能を拡充するなど、作業効率の改善を可能とした。LCE-Xシリーズの販売価格は個別見積もりとなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.