メディア
ニュース
» 2022年06月23日 13時30分 公開

インフィニオン、OPTIGA Trust M Expressを発表HWベースのセキュリティを実現

インフィニオン テクノロジーズは、セキュリティIC「OPTIGA Trust M Express」の出荷を始めた。同社が提供するクラウドサービス「CIRRENT Cloud ID」と組み合わせて用いれば、IoT(モノのインターネット)機器とクラウドサーバなどとの接続を、安全かつ簡単に行うことができるという。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

CIRRENT Cloud IDと組み合わせ、安全かつ簡単にクラウドへ接続

 インフィニオン テクノロジーズは2022年6月、セキュリティIC「OPTIGA Trust M Express」の出荷を始めた。同社が提供するクラウドサービス「CIRRENT Cloud ID」と組み合わせて用いれば、IoT(モノのインターネット)機器とクラウドサーバなどとの接続を、安全かつ簡単に行うことができるという。

OPTIGA Trust M Expressの外観 出所:インフィニオン

 IoTシステムでは、クラウドサーバなどに接続されるIoT機器が、セキュリティで保護されたIDを個々に備え、本物であることを証明することが求められる。これによって、さまざまな機器が接続された環境でも、外部からの不正なアクセスやデータの漏えいなどを防ぐことができる。

 OPTIGA Trustファミリーは、金融市場などに向けて同社が長年培ってきたセキュリティIC技術をベースに、組み込みシステム向けに開発したデバイスである。このファミリーの新製品であるOPTIGA Trust M Expressを採用すれば、製造からクラウドプロビジョニング、フィールドといったあらゆる工程で、IoT機器のセキュリティ機能をハードウェアベースで実現できるという。OPTIGA Trust M Expressの暗号IDは、認証済みでセキュアなインフィニオンの半導体工場で組み込まれて出荷される。

 OPTIGA Trust M Expressは既に出荷を始めている。システム設計や評価を容易に行うための「OPTIGA Trust M IoTセキュリティ開発キット」を用意している。アプリケーションノートやさまざまなホスト側の統合サポートを利用することもできる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.