メディア
コラム
» 2022年08月04日 14時30分 公開

市場は『低迷期』に、半導体需要の現状と展望を最新データで見るモノづくり総合版メルマガ 編集後記

本当に先が読めなくなってきました。

[永山準,EE Times Japan]

 この記事は、2022年8月4日に発行した「モノづくり総合版 メールマガジン」に掲載されたコラムの転載です。

※この記事は、「モノづくり総合版 メールマガジン」をお申し込みになると無料で閲覧できます。


市場は『低迷期』に、半導体需要の現状と展望を最新データで見る

 2020年後半ごろから本格化し、あらゆる業界に深刻な影響を与えてきた半導体不足。その解消の見通しは極めて不透明で、これまでアナリストや企業トップらによってさまざまな見解が示されてきました。ですが、ここにきて急速な半導体需要の鈍化が指摘されるようになっています。2022年7月6日にはOmdiaのシニアコンサルティングディレクター、南川明氏による分析もEE Times Japanに掲載しましたが、その後も各市場調査会社などから、この見通しを裏付けるデータや、半導体が『低迷期』に入ったことを組み込んだ予測が相次いで発表されています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.