メディア
パワーエレクトロニクス最前線 特集
インタビュー
» 2022年12月23日 13時30分 公開

WBGパワーデバイス事業を加速するInfineonわずか4年でSiCの採用分野は激変(1/3 ページ)

Infineon Technologies(以下、Infineon)にとって、パワーデバイスは長年、注力事業の一つである。特に近年は、カーボンニュートラルをはじめ、グリーン化社会の実現に向けて省エネが強く求められる中、SiC/GaNなどのWBG(ワイドバンドギャップ)パワーデバイス事業を強化している。

[村尾麻悠子EE Times Japan]

 Infineon Technologies(以下、Infineon)にとって、パワーデバイスは長年、注力事業の一つである。特に近年は、カーボンニュートラルをはじめ、グリーン化社会の実現に向けて省エネが強く求められる中、SiC/GaNなどのWBG(ワイドバンドギャップ)パワーデバイス事業を強化している。同社でSiCバイスプレジデントを務めるPeter Friedrichs氏は、「WBGパワーデバイスは、インフラや公共交通機関など、われわれの日常生活に関わるさまざまな所で使われる重要なデバイスだ」と語る。

Infineon Technologies SiCバイスプレジデントを務めるPeter Friedrichs氏 Infineon Technologies SiCバイスプレジデントを務めるPeter Friedrichs氏

 「特に、xEV(電動車)や太陽光発電は今後大きく伸びることが予想されている。これらの分野で採用が進むWBGパワーデバイス市場の未来は明るい」(同氏)

WBGパワーデバイスのアプリケーションの市場予測 WBGパワーデバイスの採用が進むxEV/太陽光発電市場は、今後大きな成長が予測されている[クリックで拡大] 出所:Infineon Technologies

 Infineonは、現行のSiパワーデバイスのラインアップを、SiC/GaNパワーデバイスのラインアップで補完していく。例えば、低電圧(定格電圧が20〜400V)のSiパワーMOSFET「OptiMOS」はGaN HEMTで、耐圧600Vのスーパージャンクション型MOSFET「CoolMOS」はGaN HEMTやSiC MOSFETで、650VクラスのSi IGBT「TRENCHSTOP」はSiC MOSFETで補完するといった具合だ。

SiC/GaNパワーデバイスで補完していく SiC/GaNパワーデバイスで補完していく[クリックで拡大] 出所:Infineon Technologies

 SiC/GaN市場は、ともに大きく成長していくことが予想されている。SiCは、EVの充電ステーションなどのインフラや再生可能エネルギーに、GaNはチャージャー/ACアダプターや、データセンターでの活用が期待されていて、SiCは2020〜2026年にかけて年平均成長率(CAGR)38%で、GaNは同70%で伸びていくとされる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.