メディア
ニュース
» 2016年04月01日 11時30分 公開

ST、BLEで双方向音声通信できるシステムをデモインターフォンやリモコンでの活用を想定(2/2 ページ)

[庄司智昭,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

車載対応プロセッサの展示も

 また、STはBLEとマイコン機能を1チップに統合したネットワークプロセッサ「BlueNRG-1」の展示も行った。BlueNRG-1はARM Cortex-M0コア、160kバイトのフラッシュメモリ、24kバイトのRAM、GPIO、SPI/I2C/UARTの通信ペリフェラル機能を内蔵。105℃までの動作温度を保証し、AEC-Q100に準拠しているため車載対応が可能だ。サイズは5mm角で、QFN32パッケージで提供される。

BLEとマイコンを統合したネットワークプロセッサ「BlueNRG-1」 (クリックで拡大)

 車載での利用用途として、STは「スマートキーやワイヤハーネスが通せない箇所に搭載することで、車載の軽量化とコストダウンにつなげられる」と語った。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.