メディア
レビュー
» 2016年04月01日 10時40分 公開

「iPhone SE」を分解4型ディスプレイに“回帰”(2/2 ページ)

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

その他の搭載部品

 この他、メインボードには下記の部品も搭載されている。

メインボードの搭載部品(その2) (クリックで拡大) 出典:iFixit
  • :Avago Technologiesの中域パワーアンプデュプレクサー「ACPM-8020」
  • オレンジ:Quorvo(TriQuint)の低域パワーアンプデュプレクサー「TQF6410」
  • 黄色:TDKの受信モジュール
  • :Qualcommの電源管理IC「PM8019」
  • 水色:Quorvoのアンテナスイッチモジュール「RF5159」
  • :InvenSenseの6軸ジャイロスコープ/加速度センサー「EMS-A」
  • ピンク:BroadcomのタッチスクリーンコントローラーIC「BCM5976」

 iPhone SEのバッテリーの容量は6.2Wh(3.8V×1624mAh)である。iPhone 5sの5.96Wh(3.8V×1570mAh)よりも少し増加している。

 iFixitは、修理のしやすさを10段階中「6」と評価している(「10」が最も修理しやすい)。同社はiPhone 5sについても「6」を付けていた。ちなみに、iPhone 6s/iPhone 6s Plusは「7」である。

分解後の様子(クリックで拡大) 出典:iFixit

製品解剖ロゴ ↑↑↑EE Times Japan「製品解剖(Teardown)」ページへ↑↑↑
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.