メディア
ニュース
» 2016年07月14日 09時30分 公開

ハサミで切れる不揮発性ディスプレイモノの色を着せ替えられるようになる?(2/2 ページ)

[竹本達哉,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

将来的にフルカラーも可能か

 有機/金属ハイブリッドポリマーの色は、含まれる金属イオンの種類や用いる有機配位子の構造で変わり、鉄イオンを含むと青色系、ルテニウムイオンで赤色系、コバルトイオンで黄色系、銅イオンで緑色系になるという。またコバルトイオンの酸化数を1価まで還元すると黒色になるという。「仮に3原色(赤、緑、青)のポリマーが実現できれば、各ポリマーの酸化/還元する電圧の違いを利用することなどにより、フルカラー表示のECディスプレイも作製できる可能性がある」(NIMS)としている。

ハサミで切断したディスプレイ 出典:物質・材料研究機構

2〜3年後の実用化目指す

 NIMSでは今後、開発成果をさらに発展させ、大面積かつ低消費電力で表示できるディスプレイとして乗り物や建物における窓や内装、外装、家具、さらには衣服など「色のあるさまざまなものの色を透明にしたり、着色させたりできる“色の着せ替えを楽しむ新しいライフスタイル”を提案していく予定」とし、「2〜3年後に何らかの形で実用化したい」という。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.