メディア
コラム
» 2017年07月05日 09時30分 公開

Infineonが5000ユーロを寄付した団体とは知的障害がある人をスポーツで支援(3/3 ページ)

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3       

リレーをICに置き換えて、燃費改善を図る

 インフィニオンは、「日本の自動車メーカーの半導体化プロジェクトにおける大量受注」というプロジェクトで、Infineon Technologiesの社内表彰で特別賞を受賞した。

 自動車において、燃費をいかに改善するか、CO2排出量をいかに削減するかというのは、普遍的な課題だ。各自動車メーカーが、技術面からさまざまなアプローチをしているが、そのうちの1つに、エンジンルーム内のリレーボックスに搭載されているメカニカルリレーを、ICに置き換えるという方法がある。リレーボックス内に収められているリレーやリレードライバー、ヒューズなどをICに置き換えるのだ。

 Infineon Technologiesは、そうした用途に使えるICとして、車載用ハイサイドスイッチ「PROFET」を提供している。インフィニオンによると、リレーをPROFETに置き換えることで、基板面積が4分の1に、リレーボックスの重さは約半分になるという。リレーボックスが軽量、小型になることで、置く場所を選べるようになるので、配線を短くできる。配線が短くなればそれだけ自動車を軽量化でき、燃費改善とCO2削減につながる。ICを使うと故障診断ができるというのも利点だ。リレーだけだと、ショートが発生したり、配線が切れたりといった事象を判断できない。ICであれば、それを検知できる。

 インフィニオンは、「これまではティア1サプライヤーにデバイスだけを売ってきた。だが今回のプロジェクトでは、リレーボックスを小型化、軽量化する価値を、自動車メーカーに訴求していった。それによって、顧客の意識が『CO2削減のために、クルマの中から変えていこう』という方向に変わっていき、それが、車載向け半導体の大量受注へとつながった」と語る。社内表彰では、顧客の意識を変えた点が評価され、特別賞を受賞したという。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.