メディア
ワイヤレスジャパン2018 特集
ニュース
» 2018年04月26日 10時30分 公開

2022年のスマホ市場は約16億台、うち2割が5G対応にインドや中東、中南米などで拡大(2/2 ページ)

[馬本隆綱,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

基地局は2022年に314万局へ

 基地局関連の世界市場も予測した。基地局はマクロセルとスモールセルを調査の対象とした。基地局の世界市場は2017年の162万局に対して、2022年は314万局に増加する。特に、2022年のスモールセルの数は、2017年に比べて約4倍に拡大するなど、極めて大きい伸びが期待されている。

 2015年以降に設置されたマクロセルのほとんどは、ソフトウェアのアップデートで5Gに対応可能だという。このため、新たな設置は限定的と予測した。多くのキャリアはLTE基地局のカバーエリアにアドオンセルとして、スモールセルを設置するとみている。

基地局の世界市場予測 (クリックで拡大) 出典:富士キメラ総研

 基地局向けキーデバイスは、基地局用アンテナ、RRH(Remote Radio Head)、BBU(Base Band Unit)、基地局向けGaN(窒化ガリウム)パワーアンプ、高多層基板を市場調査の対象とした。これらの市場規模は2017年の1兆8179億円に対して、2022年は2兆7198億円と予測した。

 基地局用アンテナは、1個で複数周波数を受信できる多周波アンテナが標準となり、MIMO対応によりアンテナ自体の個数も増加するとみている。5G向けのMassive MIMOアンテナは、データ量やアクセス数が極めて多い地域で限定的に採用され、需要は緩やかに増加する見通しだ。

 基地局向けGaNパワーアンプは、対象となる市場規模こそ小さいが、スモールセル基地局向けやMassive MIMO向けに需要が増加するとみている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.