メディア
ニュース
» 2021年12月08日 09時30分 公開

産業用LiDARに向けた端面発光パルスレーザーams OSRAMが開発

ams OSRAMは、産業用LiDARに向けて、発光幅が狭い端面発光パルスレーザー「SPL TL90AT03」を開発したと発表した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

発光幅が狭く、高い効率と性能を実現

 ams OSRAMは2021年12月、産業用LiDARに向けて、発光幅が狭い端面発光パルスレーザー「SPL TL90AT03」を開発したと発表した。

SPL TL90AT03の外観 出所:ams OSRAM

 SPL TL90AT03は、パルス幅が5〜100ナノ秒の短いレーザーパルス向けに開発した。波長は905nmで20Aの順方向電流により、110μmの開口部から65Wの光出力を得ることができる。効率は約34%に相当するという。パッケージは堅固なTO56 CANタイプで供給する。

 発光幅が極めて狭いために、コンパクトな光学系を用いることができ、システム全体を小型化できるのも特長の1つである。新製品は、産業オートメーションや測量、視認性が低い場所での交通監視といった用途に提案していく。

固定式交通監視システムへの応用例 出所:ams OSRAM

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.