メディア
ニュース
» 2022年01月20日 13時30分 公開

データを高速書き換え、8MビットQuad SPI FRAM最大54Mバイト/秒の転送速度

富士通セミコンダクターメモリソリューションは、54Mバイト/秒の高速データ書き換えを可能にした、メモリ容量8MビットのQuad SPI FRAM「MB85RQ8MLX」を開発、サンプル出荷を始めた。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

最大動作温度も105℃に拡張、産業機器にも適用

 富士通セミコンダクターメモリソリューションは2022年1月、54Mバイト/秒の高速データ書き換えを可能にした、メモリ容量8MビットのQuad SPI FRAM「MB85RQ8MLX」を開発、サンプル出荷を始めた。

MB85RQ8MLXの外観

 MB85RQ8MLXは、1M×8ビット構成で動作電源電圧は1.7〜1.95V。4ビットの入出力ピンと108MHzの動作周波数により、最大54Mバイト/秒でデータの高速書き換えを実現した。50MHzで動作するSPIインタフェースを備えた従来のFRAMに比べ、データ書き込み速度は最大8倍となる。しかも、最大動作温度は105℃に拡張しており、産業機器などの用途でも利用することができる。

 消費電流は動作時が最大18mA、スタンバイ時が最大180μA。書き込み/読み出し保証回数は10兆回。パッケージは16端子SOPで供給する。高速でデータの書き換えが要求されるPLCやHMI、RAIDコントローラといった産業用コンピューティング、データセンターおよび、高性能コンピューティング(HPC)などの用途に向ける。

 なお、動作電源電圧が3.3V(2.7〜3.6V)の8MビットQuad SPI FRAMも開発中だという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.