メディア
ニュース
» 2022年02月14日 13時30分 公開

3相ブラシレスDCモーター用プリドライバーICを開発吸引モーターを低振動/低騒音に

東芝デバイス&ストレージは、ホールセンサーレス制御で正弦波駆動方式の3相ブラシレスDCモーター用プリドライバーIC「TC78B011FTG」を開発、量産出荷を始めた。サーバファンやコードレス掃除機に採用される吸引モーターなどの低振動/低騒音化を可能にする。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

ホールセンサーレス制御で正弦波駆動方式を採用

 東芝デバイス&ストレージは2022年2月、ホールセンサーレス制御で正弦波駆動方式の3相ブラシレスDCモーター用プリドライバーIC「TC78B011FTG」を開発、量産出荷を始めた。サーバファンやコードレス掃除機に採用される吸引モーターなどの低振動/低騒音化を可能にする。

TC78B011FTGの外観 出所:東芝デバイス&ストレージ

 TC78B011FTGは、高速回転を行うモーターの振動や騒音を低減することができる駆動方式を採用した。さらに、クローズドループ速度制御機能を内蔵しており、内蔵した不揮発性メモリによって、細かな速度プロファイルを設定できる。このため、外部のマイコンを用いることなく、電源電圧や負荷が変動した時に生じる回転数の変動を抑えることができるという。

 この他、スタンバイモード機能やFETゲート駆動電流設定機能などを備え、正転/逆転の切り替えも可能である。電源電圧範囲は5.5〜27V、出力電流は0.24A、出力電圧は30V、動作温度範囲は−40〜105℃、パッケージは外形寸法が5×5×0.8mmの「P-WQFN36-0505-0.50-001」で供給する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.