メディア
ニュース
» 2022年01月17日 13時30分 公開

東芝、入出力性能を高めた大容量タイプセルを開発リチウムイオン二次電池「SCiB」

東芝は、リチウムイオン二次電池「SCiB」の新製品として、「高入出力性能」と「高エネルギー密度」を両立した「20Ah-HPセル」を開発、受注を始めた。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

内部抵抗を従来に比べ40%低減、発熱も抑制

 東芝は2022年1月、リチウムイオン二次電池「SCiB」の新製品として、「高入出力性能」と「高エネルギー密度」を両立させた「20Ah-HPセル」を開発、受注を始めると発表した。

 同社はこれまで、SCiBとして「高入出力タイプ」と「大容量タイプ」の2種類を供給してきた。新製品は、大容量タイプのセルサイズを変えずに、入出力性能を高めた製品である。このため、大容量タイプの既存ユーザーは、現行モジュールパックの設計資産を活用し、20Ah-HPセルへのアップグレードを容易に行える。

 20Ah-HPセルは、現行大容量タイプセルの内部抵抗を40%低減した。これによって、従来の20Ahセルと比べ、入力性能は約1.7倍になり、出力性能を約1.6倍にした。内部抵抗を低減したことで、大電流を通電させた時の発熱を抑えることができ、「水冷から強制空冷に」、また「強制空冷から自然放冷に」できるなど、冷却システムの簡素化やコスト削減が可能になった。

 内部抵抗の低減によって、連続充放電時の発熱を抑えることができ、長寿命化にもつながるという。例えば、従来の20Ahセルは、8000サイクル時点で容量が約10%劣化していた。これが、20Ah-HPセルだと、わずかな容量劣化で済むという。

「20Ah-HPセル」と「20Ahセル」の容量劣化比較 出所:東芝
20Ah-HPセルの主な仕様 出所:東芝

 20Ah-HPセルは、鉄道向け駆動用電源や非常走行用電源、港湾クレーン向け回生電源、電動船、ハイブリッドバス、ハイブリッドトラック、HEV/PHEVシステム、鉛代替電池、蓄電池システムといった用途に提案していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.