メディア
ニュース
» 2022年03月14日 16時00分 公開

ウクライナでネオンガスメーカーの2社が生産停止ロイターが報じる

ロイター通信は2022年3月11日(米国時間)、ロシアによるウクライナ侵攻で、半導体製造用ガスのネオンを製造するウクライナの主要メーカー2社が操業を停止したと報じた。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 ロイター通信は2022年3月11日(米国時間)、ロシアによるウクライナ侵攻で、半導体製造用ガスのネオンを製造するウクライナの主要メーカー2社が操業を停止したと報じた

 製造を停止した2社は、ウクライナ・オデッサに本社を置くCryoinと、マリウポリに本社を置くIngas。Cryoinは、経営幹部が2022年2月24日(現地時間)に工場の操業停止を決断したと、同社のFacebookで伝えている(CryoinのFacebook

 ネオンガスは、既報の「ロシアのウクライナ侵攻が半導体市場に与える影響は」にある通り、DUV(深紫外)露光用光源エキシマレーザーなどに不可欠な不活性ガス。ウクライナはネオンガスの世界供給の70%近くを生産しているが、ロイター通信によれば、IngasとCryoinの2社だけで同45〜54%を生産しているとする。

 なお、WIREDの記事「Russia’s War in Ukraine Could Spur Another Global Chip Shortage(ロシアによるウクライナ侵攻でチップ不足が加速する可能性も)」(2022年2月28日/Morgan Meaker氏)によると、Cryoinは欧州、日本、韓国、台湾の企業に不活性ガスを供給しているが、ネオンガスの多くは米国企業に供給されているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.