メディア
ニュース
» 2022年04月08日 14時30分 公開

Wi-Fi HaLow準拠の無線LANモジュール、映像を途切れず送信サイレックスがデモ展示(1/2 ページ)

サイレックス・テクノロジー(以下、サイレックス)は「第11回 IoT & 5Gソリューション展【春】」(2022年4月6〜8日、東京ビッグサイト)で、IEEE 802.11ah(Wi-Fi HaLow)やIEEE 802.11 ax(Wi-Fi 6/Wi-Fi 6E)準拠の最新モジュールを展示した。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

Wi-Fi HaLow準拠の無線LANモジュール

 サイレックス・テクノロジー(以下、サイレックス)は「第11回 IoT & 5Gソリューション展【春】」(2022年4月6〜8日、東京ビッグサイト)で、IEEE 802.11ah(Wi-Fi HaLow)やIEEE 802.11 ax(Wi-Fi 6/Wi-Fi 6E)準拠の最新モジュールを展示した。

 920MHz帯を使用し、約1kmの長距離通信と、画像や音声の送受信もできる数メガビット/秒の通信速度を備えたWi-Fi HaLowは、いわば“Wi-Fi版LPWA(Low Power Wide Area)ネットワーク”である。米国では既に実用化されていて、日本でももう間もなく利用条件が緩和される見込みだ。

 サイレックスは米国で販売実績のあるWi-Fi HaLow準拠の無線LANモジュールの日本モデルを参考出展するとともに、デモも行った。

サイレックスのIEEE 802.11ah対応モジュール(写真奥)。手前は、北米モデルのモジュールを搭載した評価基板。サイレックスによれば、日本モデルに対応した評価基板も提供する予定だという[クリックで拡大]

 デモは、サイレックスのブース上部にカメラと無線LANモジュールの送信機を取り付け、カメラで撮影した映像をWi-Fi HaLowで送信し、受信した映像をディスプレイに映すというもの。「映像は決して高精細ではないが、途切れたり映像が乱れたりすることなく送受信できている様子を示したい」と同社は述べる。

左=デモの様子。カメラで撮影した映像をWi-Fi HaLowで送信し、ディスプレイに映している/右=Wi-Fi HaLowのアクセスポイントおよび無線LANブリッジの日本モデルも、参考展示した[クリックで拡大]

 サイレックスは、「Wi-Fi HaLowでは映像や音声を伝送できるようになるので、これまでのIoT向け通信ネットワークの常識を劇的に変えるのではないか」と述べる。アプリケーションとしては、屋外での測量や、工事現場や建物のメンテナンスに向けた長期モニタリング、河川の氾濫モニタリングなど、さまざまな分野での活用が期待される。サイレックスは、「3G(第3世代移動通信)やLTEなどセルラーネットワークを使用する場合に比べて、通信距離は短くなるが、1km通信できれば十分というアプリケーションも多い。免許不要の帯域を使うので低コスト化にも貢献する」と説明する。Wi-Fi Halowについては「引き合いが強い」と語る。「当社のWi-Fi HaLowモジュールは北米での販売実績もあり、日本モデルの問い合わせをいただくなど、リリース前から反響が大きいと感じている」(同社)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.