メディア
ニュース
» 2022年07月06日 11時30分 公開

Weebit Nano、ReRAM IPモジュ―ルのデモ初披露7年の研究開発の末、製品化に向け前進

イスラエルのWeebit Nanoは、ReRAM技術の商用化に向けて最も積極的に取り組んできた企業の1つだ。同社は7年間に及ぶ研究開発の末、今回ついに業界で初めてReRAM IPモジュールの公開デモを披露するに至った。

[Gary Hilson,EE Times]

 イスラエルのWeebit Nanoは、ReRAM技術の商用化に向けて最も積極的に取り組んできた企業の1つだ。同社は7年間に及ぶ研究開発の末、今回ついに業界で初めてReRAM IPモジュールの公開デモを披露するに至った。

 Weebit Nanoは、フランス・グルノーブルで2022年6月21〜23日に開催された「Leti Innovation Days」において、ReRAM IPモジュールを発表し、実際にサブシステムに搭載された不揮発性メモリ(NVM)として、その機能を披露した。今回のデモは、モジュールのテープアウトからまだ1年もたたないうちに行われたことになる。同社がReRAM技術の製品化を実現していく上で、重要なマイルストーンになるだろう。

 今回のイベントでデモ実演が行われたIPモジュールには、ReRAMアレイや制御ロジック、デコーダー、IO通信エレメント、ECC(誤り訂正符号)などが含まれる。また、現在特許申請中のアナログ/デジタルスマート回路は、スマートアルゴリズムを実行することにより、メモリアレイの技術パラメーターを大幅に高められるという。

Weebitは、ReRAMモジュールを、RISC-V MCU、システムインタフェース、スタティックRAMおよび周辺機器を含む完全なサブシステムに統合した[クリックで拡大] 出所:Weebit Nano

 Weebit NanoのチーフサイエンティストであるGabriel Molas氏は、ReRAMチップを搭載したボードを、タッチスクリーン搭載の「Raspberry Pi(ラズパイ)」に接続し、IPモジュール機能のデモを披露した。デモでは、ReRAMの優れた書き込み速度と高いデータ保持性能を示すべく、テキストを引き出して、スクリーン上の描画エリアでテキストを生成している。Weebit NanoのReRAMは、組み込みNVMブロックとして機能し、リアルタイムで画像が送られ、モジュールの電源オフ時でも、データは保持されるという。

 Molas氏は、「データ書き込みのデモにおいて注目すべきは、必要なビットだけをプログラムしている点だ。このためReRAM IPは、高い精度を実現する。もし何も情報を書き込む必要がない場合、時間はかなり短くなる。デモ実演では、一般的なフラッシュメモリ技術と比べて高速な書き込みを行っていた。これはReRAMが、『Direct Program/Erase』機能を備え、バイト単位でアクセス可能なためだ。フラッシュメモリの場合、データの消去や書き込みを行うたびに、データセクター全体にアクセスする必要がある」と説明する。

 Weebit Nanoが今回初めて披露したReRAM IPのデモが、CEA-Letiの主催するイベントの一部として行われたのは、適切だったといえるだろう。というのも、Weebit NanoのCEO(最高経営責任者)であるCody Hanoch氏はしばしば、CEA-Letiが、「当社の延長上にある」と説明していたからだ。Weebit Nanoは、CEA-Letiとの間で、IP関連の協業体制を継続的に拡大してきた。そして、過去10年間にわたるメモリ研究への幅広い投資を活用していく考えだ。

 両者が協業において、重要なターゲットとして定めているのが、ディスクリートReRAM向けセレクターの開発だ。これは、大規模アレイを構築するための重要なコンポーネントであり、ReRAMがNANDフラッシュとの競争を繰り広げていく上でのチャンスを開く可能性を秘めている。

 Weebitは、AI(人工知能)やニューラルネットワーク、ニューロモーフィックコンピューティングへのReRAMの応用を探ることに大きな関心を示しているが、最も重視しているのは、大量の組み込み用ReRAMの市場を獲得することだ。そして、その収益を、顧客の要望に応えて2022年初頭に立ち上げ始めたディスクリートReRAMのさらなる開発の原動力とすることが目標だろう。

【翻訳:田中留美、編集:EE Times Japan】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.