メディア
5G 人からモノへ 〜「未踏の時代」迎えた無線技術 特集
ニュース
» 2022年07月20日 14時10分 公開

「5G加入、22年に10億件超」エリクソンの最新報告書27年には全モバイル通信量の60%が5Gに(1/3 ページ)

エリクソン・ジャパン(以下、エリクソン)は2022年7月8日に記者説明会を開催し、同年6月に発行した、世界の移動通信市場のトレンドに関する最新調査報告書「エリクソンモビリティレポート」の概要について説明した。

[永山準,EE Times Japan]

 エリクソン・ジャパン(以下、エリクソン)は2022年7月8日に記者説明会を開催し、同年6月に発行した、世界の移動通信市場のトレンドに関する調査報告書「エリクソンモビリティレポート」最新版の概要について説明した。

既に全人口の35%をカバーする5G

 同レポートによると、5G(第5世代移動通信)は現状、商用ネットワークが世界で214(2022年4月時点)あり、世界の人口カバレッジは35%(2021年11月時点)まで拡大しているという。5G SA(standalone)ネットワークの導入も増加し、24事業者(2022年4月時点)が商用運用を開始している。また、韓国の5Gによる月間データ利用量は27ギガバイト(GB、2022年4月時点)で、全トラフィックにおける5Gの割合は69%(同)を占める状況となっている。

 5G対応デバイスによる5G加入契約数は、2022年第1四半期中に7000万件増加し、約6億2000万件に到達。2022年末までに10億件を超え、2027年には全加入契約の約48%にあたる44億件にまで拡大することが予測されている。エリクソンのCTO(最高技術責任者)を務める藤岡雅宣氏は、「立ち上がりから4年で10億件に到達する見込みであり、このペースは4Gより2年ほど早い」と説明した。この主な要因としては、複数のベンダーが4Gの時よりもデバイスをタイムリーに提供し、急速に値段が下落したことや中国における5Gの大量で早期の導入などが挙げられるという。

左=世界の5Gの現状/右=方式別の世界のモバイル加入数推移と予測[クリックで拡大] 出所:エリクソン・ジャパン

 現在、5Gの普及率が最も高いのは北米と北東アジアで、湾岸協力会議諸国(Gulf Cooperation Council:GCC)と西欧がそれに続く。2027年の普及率は北米が90%、西欧が82%、GCCが80%に達する見込みだ。

 世界の総モバイルデータトラフィック(FWA[固定無線アクセス]を含める)は、2021年末時点で84エクサバイト(EB)だったが、2027年の終わりには368EBにまで達する見込み。特に、5Gのモバイルデータトラフィックは2021年には全体の約10%だったのが、2027年には60%にまで成長すると予測されている。また、5Gの人口カバレッジは2027年には75%に拡大する見込みだという。

左=世界の5Gの現状/右=方式別の世界のモバイル加入数推移と予測[クリックで拡大] 出所:エリクソン・ジャパン

 そのけん引役であるスマートフォン1台当たりの世界の月間平均データ利用量は2021年時点で12GBだったのが、2027年には40GBに達する見込みだ。2027年の月間平均データ利用量を地域別でみると、無制限のデータプランやカバレッジ/容量の改善などの要因から2027年の5G普及率90%が見込まれる北米が52GBとなるほか、西欧も同様に52GBに拡大。GCCやインド、ネパール、ブータン(インド地域)も50GBにまで増加することが見込まれている。

スマホ1台当たりの地域別データ利用量[クリックで拡大] 出所:エリクソン・ジャパン
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.