メディア
ニュース
» 2022年07月27日 13時30分 公開

車載用積層メタル系パワーインダクターを追加小型で大電流、低直流抵抗を両立

太陽誘電は、車載用受動部品に対する認定用信頼性試験規格「AEC-Q200」に準拠した積層メタル系パワーインダクター「MCOIL LCCNシリーズ」の新製品として、2種類の形状で合計7製品を追加した。新製品は小型で優れた直流重畳特性と低直流抵抗を両立させた。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

ボディー系や情報系など車載電源回路向け、使用温度範囲は−55〜150℃

 太陽誘電は2022年7月、車載用受動部品に対する認定用信頼性試験規格「AEC-Q200」に準拠した積層メタル系パワーインダクター「MCOIL LCCNシリーズ」の新製品として、2種類の形状で合計7製品を追加した。新製品は小型で優れた直流重畳特性と低直流抵抗を両立させた。

新製品の外観 出所:太陽誘電

 新製品は、自動車のボディー系や情報系の電源回路に向けた、チョークコイル用途のパワーインダクターである。外形寸法は1.6×0.8mmタイプが3製品、2.0×1.25mmタイプが4製品。高さはいずれも最大1.0mmになっている。使用温度範囲は−55〜150℃に拡大した。

 特に、1.6×0.8mmタイプの「LCCNF1608KKTR24MAD」は、従来品と同等サイズでありながら、直流重畳許容電流は最大3.2A、直流抵抗は最大35mΩと、業界トップクラスの特性を実現したという。

新製品の主な仕様 出所:太陽誘電

 新製品は、同社子会社の和歌山太陽誘電で2022年6月より量産を始めた。サンプル価格は50円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.