メディア
ニュース
» 2022年05月02日 11時00分 公開

太陽誘電、車載用パワーインダクターを発表LCXHシリーズとして64品種

太陽誘電は、車載用パワーインダクター「LCXHシリーズ」として、6サイズ64品種を商品化したと発表した。ボディー系や情報系システムの電源回路向けチョークコイルやノイズフィルターといった用途に向ける。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

自動車のボディー系や情報系に向けた、さまざまな機器に対応

 太陽誘電は2022年4月、車載用パワーインダクター「LCXHシリーズ」として、6サイズ64品種を商品化したと発表した。ボディー系や情報系システムの電源回路向けチョークコイルやノイズフィルターといった用途に向ける。

LCXHシリーズの外観 出所:太陽誘電

 LCXHシリーズは、車載用受動部品に求められる信頼性試験規格「AEC-Q200」に対応した巻線フェライト系パワーインダクターである。角型のドラムコアに巻線をし、その周囲を樹脂で覆う「スリーブレス構造」にしたことで、小型で大電流にも対応することができるという。また、平たん性の改善や、自動光学検査(AOI)に対応できる電極構造を採用するなど、実装工程や検査工程での作業性を高めた。

 外形寸法は3.0mm角で厚みが最大1.5mmの製品から、6.0mm角で厚みが最大4.5mmの製品まで、6サイズを用意した。使用温度範囲は−40〜125℃である。サンプル品の単価は50〜100円である。2022年3月より、海外子会社の「太陽誘電(フィリピン)」で量産を始めた。

LCXHシリーズの仕様(品番の****部分はインダクタンス値および許容差を示す英数字が入る) 出所:太陽誘電

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.