メディア
ニュース
» 2022年09月01日 09時30分 公開

アルプスアルパイン、高薬品耐性の圧力センサー新規のガスメーター市場で事業拡大

アルプスアルパインは、ガスに含まれる有機成分に対し、高い薬品耐性を備えた防水圧力センサー「HSPPAD143C」の量産を始めた。ガスメーター分野で新たに事業拡大を狙う。

[馬本隆綱EE Times Japan]

金属ふたとセラミック基板の接着力を高め、耐衝撃性能もさらに向上

 アルプスアルパインは2022年8月、ガスに含まれる有機成分に対し、高い薬品耐性を備えた防水圧力センサー「HSPPAD143C」の量産を始めた。ガスメーター分野で新たに事業拡大を狙う。

HSPPAD143Cの外観 出所:アルプスアルパイン

 同社はこれまで、ウェアラブル機器などに向けて、防水タイプの圧力センサーを供給してきた。新製品はこれらの実績を踏まえ、センサーをカバーする樹脂を新たに設計し、高い薬品耐性を実現した。

 また、金属ふたとセラミック基板との接着樹脂を新たに開発し、接着力を向上させた。これにより、耐衝撃性能を従来製品よりも高めた。製品の外形寸法は3.1×3.1×2.6mmで、既存製品と同じである。ユーザーがOリングと組み合わせて筐体にはめ込めば、高い防水性能を得ることができるという。

 HSPPAD143Cの主な仕様は、動作圧力範囲が300〜2000hPa、動作温度範囲は−40〜85℃。電源電圧範囲は1.7〜3.6Vである。通信インタフェースとしてI2Cをサポートした。製造は新潟・長岡工場で行い、生産規模は月間8万個を予定する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.