メディア
コラム
» 2022年09月20日 12時30分 公開

Huaweiの「生き残り戦略」から考える、米国のGPU輸出規制の行方電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記

HuaweiのAnnual Reportを見て、大変驚きました……。

[村尾麻悠子EE Times Japan]

 この記事は、2022年9月20日発行の「電子機器設計/組み込み開発 メールマガジン」に掲載されたEE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。

※この記事は、「電子機器設計/組み込み開発 メールマガジン」をお申し込みになると無料で閲覧できます。


Huaweiの「生き残り戦略」から考える、米国のGPU輸出規制の行方

 半導体における、米国の対中国規制が一段と厳しくなっています。米商務省は2022年8月、新たな対中規制措置として、NVIDIAとAMDに、高性能GPUの中国への輸出を停止するよう、通告しました。対象となるのはNVIDIAの「A100」および「H100」、AMDの「MI250」です。

 米国が、中国のスーパーコンピュータやクラウドAI技術の進展を妨げようとしているのは明らかだと思いますが、今回の規制により「中国のAIの進化が減速する」という見方と、「中国の半導体スタートアップにとってはチャンス」とする見方と、両方があるようです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.