メディア
5G 人からモノへ 〜「未踏の時代」迎えた無線技術 特集
ニュース
» 2023年12月26日 10時30分 公開

5G契約数は2029年末に53億に、インドの急成長がけん引インドは1年でカバレッジが95%超に(1/2 ページ)

「エリクソンモビリティレポート」最新版によると、5G(第5世代移動通信)モバイル加入契約数は2029年に全世界で53億件を超え、固定無線アクセス(FWA)の接続数は3億3000件を超える見通しだ。

[半田翔希EE Times Japan]

5Gモバイル加入契約数は、2028年末に53億件超に

エリクソン・ジャパンCTOの鹿島毅氏 エリクソン・ジャパンCTOの鹿島毅氏[クリックで拡大] 出所:エリクソン

 エリクソン・ジャパン(以下、エリクソン)は2023年12月21日に開催した記者説明会で、同社が同年11月に発行した、世界の移動通信市場のトレンドに関する調査報告書「エリクソンモビリティレポート」最新版の概要について説明した。5G(第5世代移動通信)モバイル加入契約数は2029年には全世界で53億件を超え、固定無線アクセス(FWA)の接続数は3億3000件を超える見通しだ。

 同レポートによると、5Gモバイル加入契約数は2023年末までに16億件を超える見込み。地域別の普及率を見ると、北米が61%で最も高い。これに続くのが北東アジアの41%、湾岸協力会議諸国の34%、西欧の25%だ。

 世界市場における5Gの現状については、約280の事業者が商用ネットワークを提供している。人口カバレッジは2023年末に45%を超える見通しで、2029年には約85%に達すると予測されている。2023年末における5Gの人口カバレッジを地域別にみると、北米と中国が95%と最も高い。その後は欧州(ロシアを除く)が70%、アジア太平洋(中国を除く)が45%と続く。

テクノロジー別モバイル加入者数地域別の5Gカバレッジ 左=テクノロジー別モバイル加入者数/右=地域別の5Gカバレッジ[クリックで拡大] 出所:エリクソン

 エリクソンのCTO(最高技術責任者)を務める鹿島毅氏は、「2023年は5G加入契約数が世界で6億件追加された。北米やインドでの5G普及拡大が顕著で、特にインドでは、2022年10月の5Gサービスの提供開始以降、約1年で95%以上の人口カバレッジを達成した」と語った。インドでは、通信サービスプロバイダーのReliance Jio Infocommが「Jio」というブランド名で5Gサービスを提供し、国内の5G容量全体の85%をカバーしているという。

 エリクソンは2022年10月、インド国内における無線アクセスネットワーク(RAN)展開に向けて、Reliance Jio Infocommと長期にわたる戦略的5G契約を締結している。

インドの5G事情 インドの5G事情 インドの5G事情[クリックで拡大] 出所:エリクソン
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.