メディア
コラム
» 2024年01月29日 12時30分 公開

親会社の気配、ようやく消えたルネサス電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記

あらためて振り返ると、本当にがらりと変わったなと思います。

[村尾麻悠子EE Times Japan]

 この記事は、2024年1月29日発行の「電子機器設計/組み込み開発 メールマガジン」に掲載されたEE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。

※この記事は、「電子機器設計/組み込み開発 メールマガジン」をお申し込みになると無料で閲覧できます。


親会社の気配、ようやく消えたルネサス

 今回のメルマガでも記事を紹介している通り、ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)の旧親会社であるNECと日立製作所が、ルネサスの株式を全て売却すると発表しました。ルネサス株の保有割合は、2023年12月末時点で、NEC(NEC退職給付信託口の日本カストディ銀行保有分)が3.93%(6988万8857株)、日立製作所が3.48%(6199万548株)。2024年1月31日以降は、これらがほぼ消滅することになります。残る旧親会社は三菱電機ですが、同社の保有割合は2.85%(5070万6885株)となっています。

 ルネサスが設立された2010年4月、親会社だった3社の持ち株比率は、NECが33.97%、日立製作所が30.62%、三菱電機が25.05%でした。

 ルネサスは、設立から約14年をへて、親会社からほぼ「脱却」したことになります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.