メディア
連載
» 2015年04月22日 10時00分 公開

VIZIOの4Kテレビはなぜ売れた? 「意味的価値」の追求勝ち抜くための組織づくりと製品アーキテクチャ(3)(2/3 ページ)

[世古雅人EE Times Japan]

「安かろう・悪かろう」が当てはまらない

 日本メーカーの1/3から半額以下の価格、しかし耳にしたこともないようなテレビメーカーが作った4Kテレビ。会社そのものもできて10年もたっておらず(当時)、社員数も100人に満たない。これが日本であったら、はたして需要があっただろうか?

 「そんな訳わからないところのテレビを買って大丈夫なの?」「どうせすぐ壊れるんじゃない?」「見た目もきっと安っぽい作りなんだろうなぁ」などなど、「安かろう・悪かろう」と思ってしまうに違いない。

 ところが、この4Kテレビは低価格帯にもかかわらず高性能なのだ。

 3840×2160ドットの4K(Ultra HD)液晶パネルを搭載し、64エリアのLEDバックライト部分制御によるコントラスト向上や強化した動画応答性など、高画質を重視。6コアGPUとデュアルコアCPUの「VIZIO V6」プロセッサによる高速動作を実現している。HEVCデコーダも内蔵し、4Kのストリーミングも楽しめる。さらに、IEEE 802.11acの無線LANを内蔵し、スマートテレビ機能も装備。YouTubeやNetflixなどのサービスに対応し、スマートフォン/タブレットと連携するセカンドスクリーン機能も備えている。

 その上、外観も安っぽいものではなく、スイッチ類にはアルミ合金を多用するなど、高級感あふれるデザインなのだ

 そう……「安かろう・悪かろう」が当てはまらないのである。

 性能もデザインも良く、おまけに圧倒的な安さ…となれば売れないはずはない。事実、4Kテレビに限らずVIZIOの液晶テレビは、よく売れている。2013年の北米の液晶テレビ市場において、VIZIOのシェアはSamsung Electronicsに次いで2位である。ちなみに同年の液晶テレビ世界市場のシェアベスト3は、1位がSamsung(韓国)、2位がLG Electronics(韓国)、3位はTCL(中国)だった。4位以下にシャープ、パナソニック、ソニーがランクインしてくる。

 そう……VIZIOの液晶テレビは売れているのである。しかも新興国ではなく、アメリカでだ。

価値づくりの条件

 第1回の記事の図1で示したとおり、価値づくりとは「顧客への価値提供」と「競合との差別化(自社の独自性)」だ。

photo 第1回 図1 価値づくりとは……(クリックで拡大)

 価値づくりの条件として、以下の2つが挙げられる。

  • 優れたモノづくりを、競合企業との「独自性・差別化」に結びつける。さらに「持続性」をもたせる
  • 「独自性・差別化・持続性」に対して顧客が対価を支払ってくれる「顧客価値」を創出する
photo 図2 価値づくりの条件

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.