メディア
連載
» 2019年02月28日 11時30分 公開

HDD大手Seagateの四半期業績は前年比と前期比のいずれも減収減益に福田昭のストレージ通信(137)(2/2 ページ)

[福田昭,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

ニアラインHDDの総出荷記憶容量とドライブ容量が急減

 Seagateは、HDDの総出荷記憶容量と1台当たりの記憶容量を応用分野別に公表している。応用分野は、「エンタープライズ向け」、「エッジ(クライアント)の非コンピュータ(ビデオレコーダーや監視カメラ、ゲーム機など)向け」、「エッジ(クライアント)のコンピュータ(デスクトップPCとノートPC)向け」、である。

応用分野別HDD製品の総出荷記憶容量と1台当たりの平均記憶容量、売り上げ比率の推移 (クリックで拡大) 出典:Seagate Technology

 2019会計年度第2四半期(2018年10月〜12月期)で最も注目すべきは、エンタープライズ向けの主役である、ニアラインHDDの総出荷記憶容量だろう。ニアラインHDDの総出荷記憶容量は、2018会計年度第1四半期(2017年7月〜9月期)から2018会計年度第4四半期(2018年4月〜6月期)まで、4四半期連続で増加してきた。増加の勢いはかなり強い。最近のボトム(底)である2017会計年度第4四半期(2017年4月〜6月期)における総出荷記憶容量は21.2エクサバイト(EB)である。これが1年後の2018会計年度第4四半期(2018年4月〜6月期)には、44.5EBと2倍強に急増した。

 しかし2019会計年度第1四半期(2018年7月〜9月期)には、前四半期比で4.5%減の42.5EBとなり、増加が止まった。続く2019会計年度第2四半期(2018年10月〜12月期)は、前四半期比で22.4%減と大幅に縮小した。同期の総出荷記憶容量は33.0EBである。前年同期の35.1EBをも割り込んだ。

ニアラインHDDの総出荷記憶容量の推移 (クリックで拡大) 出典:Seagate Technology

 ニアラインHDDは総出荷記憶容量の拡大とともに、ドライブ1台当たりの平均記憶容量の拡大も牽引してきた。エンタープライズ向けHDDのドライブ1台当たりの記憶容量は、2018会計年度第4四半期(2018年4月〜6月期)には5.3テラバイト(TB)に達していた。1年前の2017会計年度第4四半期(2017年4月〜6月期)にはドライブ当たりの記憶容量は3.4TBだったので、1年間で1.56倍に増加したことになる。

 しかし2019会計年度第1四半期(2018年7月〜9月期)には、ドライブ当たりの記憶容量は5.2TBと前の四半期に比べると微かに減少し、拡大が止まった。続く2019会計年度第2四半期(2018年10月〜12月期)には、ドライブ当たりの記憶容量は4.5TBとなった。前の四半期に比べると13.5%減である。

次回へ続く

⇒「福田昭のストレージ通信」連載バックナンバー一覧

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.