メディア
ニュース
» 2021年04月20日 10時30分 公開

2020年の半導体売上高ランキング、Intelが首位キオクシアが10位に

Gartnerが2021年4月に発表した調査によると、2020年の世界半導体売上高は4662億米ドルで、2019年に比べて10.4%増となった。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 Gartnerが2021年4月に発表した調査によると、2020年の世界半導体売上高は4662億米ドルで、2019年に比べて10.4%増となった。

 Gartnerのリサーチバイスプレジデントを務めるAndrew Norwood氏は「ハイパースケールやPC、モバイル機器に対する需要に後押しされて、メモリ、GPU、5G(第5世代移動通信)向けチップが半導体市場の成長をけん引した。一方で、自動車と産業機器では新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により成長が鈍化した」と分析する。

 2020年の半導体メーカー別売上高ランキングは、Intelが727億5900万米ドルで首位となった。シェアは15.6%だった。2位はSamsung Electronicsで577億2900万米ドル、シェアは12.4%。3位はSK hynixで258億5400万米ドル、4位はMicron Techologyの220億3700万米ドルとなった。日本企業としては、10位にキオクシアがランクイン。同社の2020年の売上高は103億7400万米ドルで、2019年の14位から順位を上げ、トップ10社に入った。

世界半導体メーカー別売り上げランキング トップ10【確定値】(単位:百万米ドル)
2020年
順位
2019年
順位
メーカー名 2020年
売上高
2020年
市場シェア
2019年
売上高
成長率
(2019年比)
1 1 Intel 72,759 15.6% 67,754 7.4%
2 2 Samsung Electronics 57,729 12.4% 52,389 10.2%
3 3 SK hynix 25,854 5.5% 22,297 16.0%
4 4 Micron Technology 22,037 4.7% 20,254 8.8%
5 6 Qualcomm 17,632 3.8% 13,613 29.5%
6 5 Broadcom 15,754 3.4% 15,322 2.8%
7 7 Texas Instruments 13,619 2.9% 13,364 1.9%
8 13 MediaTek 10,988 2.4% 7,958 38.1%
9 16 NVIDIA 10,643 2.3% 7,331 45.2%
10 14 キオクシア 10,374 2.2% 7,827 32.5%
その他 208,848 44.8% 194,228 7.5%
合計 466,237 100.0% 422,337 10.4%
出典:Gartner(2021年4月)

 2020年は特にメモリが好調だった。Gartnerによれば、2020年の半導体売上高のうちメモリは26.7%を占めており、2019年に比べて売上高は13.5%増を記録した。Norwood氏は「メモリは、2020年のキートレンドとなったリモートワークやリモート学習の増加の恩恵を受けた。これにより、ハイパースケールデータセンターではサーバ構築が加速したからだ」とコメントしている。

 メモリでは、NAND型フラッシュメモリの売上高が、2020年前半の不足を受けて前年比で25.2%増となった。「2021年は、NANDフラッシュとDRAMの両方が不足し、それによって価格が上昇してメモリ売上高は2020年比で25%増加すると予測される。これにより、2021年の半導体売上高ランキングでは、Samsung ElectronicsがIntelを抜いて首位に立つ可能性もある」(Norwood氏)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.