メディア
ニュース
» 2022年01月13日 10時30分 公開

20ストリームの画像データを同時に処理できるSoCAmbarellaの車載SoC(1/2 ページ)

Ambarellaが、自動運転車用ドメインコントローラーの新しいSoC(System on Chip)製品ファミリー「CV3」シリーズを発表した。これにより同社は、引き続き自動運転車のドメインコントローラーをターゲットとしていく方向性を示したといえる。CV3は、最大20ストリームのイメージデータを一度に処理することが可能だという。

[Sally Ward-Foxton,EE Times]

 Ambarellaが、自動運転車用ドメインコントローラーの新しいSoC(System on Chip)製品ファミリー「CV3」シリーズを発表した。これにより同社は、引き続き自動運転車のドメインコントローラーをターゲットとしていく方向性を示したといえる。CV3は、最大20ストリームのイメージデータを一度に処理することが可能だという。また、Ambarellaがレベル2+〜レベル4対応の自動運転車の知覚やマルチセンサーフュージョン、パスプランニングなどに向けて開発した、第3世代のAIエンジン「CVflow」IP(Intellectual Property)をベースとしている。

500TOPSのGPUと同等の性能を実現

 自動車アーキテクチャは、これまで機能ごとに1つの電子制御ユニット(ECU)を備えていたが、より大規模なゾーン別の集中型ドメインコントローラーへの移行が進み、ますます多くの自動車機能が計算集約型のAI(人工知能)処理に依存するようになってきたことから、現在、車載プロセッサが急激な成長を遂げている。Ambarellaによれば、同社のCV3ファミリーのフラグシップSoCに搭載されているAIアクセラレーターは、500eTOPS(equivalent TOPS:同じAI処理タスクの実行に必要とされるGPU性能を表すAmbarellaの評価基準)の性能を実現する。また、ビジョンプロセッサや、Armコア16個、GPUなどの各種ハードウェアも備えるという。

 CV3は、複数のロングレンジのルーフカメラや、サラウンドビュー、ショートレンジカメラ、複数のレーダーセンサーなどからの情報と、ドライバーモニタリングなどのさまざまなビジョンプロセッシング向けの処理とを接続/結合することが可能だ。

CV3-Highは、最大20の高解像度カメラ出力をサポートする[クリックで拡大] 出所:Ambarella
CV3-Highは、物体検知やセグメンテーション、パスプランニングなどの複数の大規模ニューラルネットワークを同時に処理することも可能だ[クリックで拡大] 出所:Ambarella

「アルゴリズムファースト」

AmbarellaのCTO(最高技術責任者)を務めるLes Kohn氏 出所:Ambarella

 AmbarellaのCTO(最高技術責任者)を務めるLes Kohn氏は、米国EE Timesのインタビューに応じ、「われわれの設計哲学は、『アルゴリズムファースト』だ。最新世代ネットワークの開発において当社の初期プラットフォームで使用された、数百件に及ぶオープンソースネットワークや社内ネットワーク、顧客のアルゴリズムなどについて調査を行った」と述べる。

 Kohn氏は、「われわれは、あらゆる種類のアーキテクチャ全体において数百個規模のネットワークを調査した。そうすることで、アーキテクチャが、こうしたさまざまな種類のネットワークに対応しながら高効率に稼働できるだけの十分な柔軟性を備えているか確認した。もちろん、柔軟性と効率性のトレードオフについて課題はあるが、重要なのは、これらのネットワークがどのように機能するのかを実際に詳しく調査することではないだろうか」と述べた。

 Kohn氏によると、顧客のアルゴリズムは全体的に、同じエンジンでアクセラレーションを実行することができるという十分な類似点があったという。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.