メディア
ニュース
» 2022年02月17日 13時30分 公開

高速デジタル800Gテストソリューションを拡充データセンターの電力効率を改善

キーサイト・テクノロジーは、データセンターの電力効率を向上させる「高速デジタル800Gテストソリューション」のポートフォリオを拡充した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

マルチモードインタフェース対応の設計/検証ソリューションを追加

 キーサイト・テクノロジーは2022年2月、データセンターの電力効率を向上させる「高速デジタル800Gテストソリューション」のポートフォリオを拡充したと発表した。

「高速デジタル800Gテストソリューション」のイメージ 出所:キーサイト・テクノロジー

 高速デジタル800Gテストソリューションは、次世代データセンター技術の開発を加速させるため、2020年12月に発表した。垂直共振器型面発光レーザー(VCSEL)やフォトダイオード、変調器ドライバー、相互インピーダンス増幅器(TIA)および、物理層(PHY)チップなど、さまざまな光トランシーバーモジュールやコンポーネントの性能を検証することができるという。

 新たに追加したのは、マルチモードインタフェースに対応する設計および検証ソリューション。米国電気電子学会(IEEE)が定義する規格に準拠した400Gおよび800Gの設計検証をサポートする。

 具体的には、光コンポーネントアナライザー「N4373E」によるマルチモードコンポーネント特性評価、最大64Gbaudのデータレートに対応するマルチモード光/電気クロックリカバリーソリューション「N1077B」を用いたコンフォーマンスと相互運用性の検証、レイヤー1マルチポートテストソリューション「A400GE-QDD」および「G800GE」を用いたトランシーバーモジュールの性能評価、などが可能となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.