メディア
ニュース
» 2022年03月25日 11時35分 公開

リチウムイオン電池の出力を向上する酸化物系固体電解質キヤノンオプトロンが開発

キヤノンオプトロンは「第13回 国際二次電池展(春)」(2022年3月16〜18日、東京ビッグサイト)で、全固体リチウムイオン電池向けの酸化物系固体電解質を展示した。産業技術総合研究所との共同研究により開発した材料である。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 キヤノンオプトロンは「第13回 国際二次電池展(春)」(2022年3月16〜18日、東京ビッグサイト)で、全固体リチウムイオン電池向けの酸化物系固体電解質を展示した。産業技術総合研究所との共同研究により開発した材料である。

ブースに展示されていた酸化物系固体電解質。粒状とペレットがある[クリックで拡大]

 室温で10−5S/cmという高いイオン伝導率に加え、低温で焼結可能という点も特長だ。既存の材料は約1000℃で焼結するのが一般的だが、キヤノンオプトロンが開発した新しい材料は、大気雰囲気下で600〜700℃で焼結する。そのため、「活物質との化学反応が抑えられ、リチウムイオン電池の出力を向上できる」と同社は説明する。

 さらに、大気中に一定期間、暴露しても伝導性に変化がないので、大気中での保管や取り扱いが可能だ。保管や取り扱いのために不活性環境を用意する必要がない。正極材、負極材についても一般的な材料が使えるので、「気軽に“固体電池化”できる」(同社)という。

 酸化物系固体電解質は、硫化系固体電解質よりも安全性が高い材料だ。そのため、「ウェアラブル機器など、小型かつ高い安全性と信頼性が求められるアプリケーションにニーズがあるとみている」と同社は述べる。

 今回開発した酸化物系固体電解質は、サンプル提供が可能。量産は2023年以降を予定している。

 キヤノンオプトロンは、光学用結晶材料や真空蒸着材料を手掛ける。今回展示した固体電解質は、「約40年にわたり蓄積してきた光学用材料技術を応用して、開発したもの」(同社)であり、自社の技術を生かして新しい分野の開拓を進めていると語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.