メディア
ニュース
» 2022年05月30日 13時30分 公開

エプソン、車載用途向け水晶発振器をサンプル出荷高い精度で低ジッタ特性を実現

セイコーエプソンは、車載用途に向けたCMOS出力の水晶発振器「SG-8201CJA」を開発、サンプル品の出荷を始めた。LiDARやADAS用ECUなどの用途に向ける。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

出力周波数は最大170MHz、LiDARやADAS用ECUなどにも対応

 セイコーエプソンは2022年5月、車載用途に向けたCMOS出力の水晶発振器「SG-8201CJA」を開発、サンプル品の出荷を始めた。LiDARやADAS用ECUなどの用途に向ける。

SG-8201CJAの外観 出所:エプソン

 SG-8201CJAは、出力周波数範囲が1.2M〜170MHzで、高い精度と低ジッタ特性を実現した。従来品(SG-8101CGA)に比べると周波数許容偏差は2分の1、位相ジッタは約25分の1以下である。パッケージの外形寸法は2.0×1.6×0.6mm(代表値)で、面積比だと64%、体積比では55%という小型化を実現した。

 電源電圧は1.62〜3.63V、動作温度範囲は−40〜125℃で、車載用電子部品の信頼性規格「AEC-Q100」に準拠している。

 また、産業・民生用途に向けた水晶発振器「SG-8200CJ/SG-8201CJ」も、同時にサンプル出荷を始めた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.