メディア
ニュース
» 2023年08月09日 15時30分 公開

レゾナックの23年上期は減収減益、半導体事業の不調で「需要は回復傾向も力強さなく」(2/2 ページ)

[半田翔希EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

需要は回復傾向も、下期は苦しい状況が継続

 2023年12月期通期(2023年1〜12月)の業績予想は、売上高が前年比8.8%減の1兆2700億円と、前回の1兆3400億円から下方修正した。営業損益は200億円、純損益は370億円と予想した。染宮氏は「売上高は、原油価格下落の影響により販売価格が低下し減収となる見込みのため、前回の予想を下方修正した。営業損益は、半導体/電子材料分野が改善傾向にあるものの、下期にケミカル分野が減収となる見込みのため据え置きの予想だ」と説明した。

2023年12月期通期の業績予想 2023年12月期通期の業績予想[クリックで拡大] 出所:レゾナック

 分野別の通期業績予想では、半導体/電子材料分野は、HDDの売り上げ/損益が下振れとなる一方で、半導体後工程材料の需要回復が前回想定以上に進む見通しのため、売上高が前回予想(2023年5月)より250億円減収し3250億円、営業損益が20億円改善し200億円を見込んでいる。

 モビリティ分野の売上高は横ばいで、営業損益は15億円改善し10億円。イノベーション材料分野の売上高は100億円減収した1300億円の予想も、営業利益は10億円増収の90億円を見込んでいる。ケミカル分野の売上高は350億円減収し5150億円、営業利益は50億円減収し140億円になる予想だ。

2023年12月期通期の分野別業績予想(前回予想比)2023年12月期通期の分野別業績予想(前年度比) 2023年12月期通期の分野別業績予想 前回予想比(左)、前年度比(右)[クリックで拡大] 出所:レゾナック

 レゾナックは現在、収益改善に向けた構造改革を行っている。染宮氏は「抜本的な収益体質改善に向け、不採算事業における製品の値上げや撤退、生産拠点の見直しを行っている。不採算事業については、赤字製品をリストアップしていて、2023年6月時点でリストアップ済みのもの(全体の28%)のうち、約半数は既に値上げ/撤退などの対策を完了している。生産拠点の見直しについては、関西や海外にある生産拠点の統廃合に向けて顧客や関係各所との協議を進めている」と説明した。

構造改革の進捗(HDDメディア/全社横断)構造改革の進捗(モビリティ) 構造改革の進捗 左=HDDメディア/全社横断/右=モビリティ[クリックで拡大] 出所:レゾナック
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.