メディア
ニュース
» 2024年02月07日 16時00分 公開

ST、オフセット電圧が極めて低いオペアンプを発表温度ドリフトも最小限に抑える

STマイクロエレクトロニクスは、オフセット電圧が極めて低く、温度ドリフトを最小限に抑えた高精度ゼロドリフトオペアンプIC「TSZ151」を発表した。高精度センサーや産業機器/サーバ/通信インフラ用電源などの用途に向ける。

[馬本隆綱EE Times Japan]

高精度センサーや産業機器/サーバ/通信インフラ用電源用途向け

 STマイクロエレクトロニクスは2024年2月、オフセット電圧が極めて低く、温度ドリフトを最小限に抑えた高精度ゼロドリフトオペアンプIC「TSZ151」を発表した。高精度センサーや産業機器/サーバ/通信インフラ用電源などの用途に向ける。

ST「TSZ151」イメージ図 イメージ図[クリックで拡大] 出所:ST

 TSZ151の入力オフセット電圧(Vio)は、25℃で7μVよりも小さく、動作温度範囲(−40〜125℃)の全域にわたって、10μV以下を実現した。これにより、定期的に行う精度補正の回数を減らすことができ、応用機器の稼働率を高めることが可能となる。

 消費電流は210μA(5V動作時)で、1.6MHzのゲイン帯域幅を備えている。また、優れた電力対速度比や、300pAという極めて低い最大入力バイアス電流を達成した。動作電源電圧範囲は1.8〜5.5Vである。低電圧動作が可能なため、小型バッテリーでも長時間動作が可能となる。

 この他、自動車用電子部品の信頼性規格「AEC-Q100」に準拠しており、STが定める長期製品供給保証プログラムの対象製品でもある。パッケージは「SC70-5」または、「SOT23-5」で供給する。既に量産を始めており、1000個購入時の単価は約0.58米ドルとなっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.