メディア
ニュース
» 2011年04月22日 21時23分 公開

日立マクセルに続きパナソニックもワイヤレス給電製品を投入、その意義は何かワイヤレス給電技術 Wireless Power Consortium(WPC)(3/3 ページ)

[前川慎光,EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3       

普及の鍵は何か……

 ワイヤレス給電に関連した製品が、世の中に広がる今後のステップは何か。それは、ワイヤレス給電機能が、さまざまな機器にあらかじめ内蔵されることと、社会インフラへの導入が進むことである。

 既に、機器への内蔵と、社会インフラへの導入を想定した取り組みは始まっている。三洋電機は、ワイヤレス給電モジュールを実装した電池パックを試作済みである。これは、携帯電話機やスマートフォンへの内蔵を想定したものだ。また、社会インフラという観点でも、Qi規格に対応した充電机が、カナダのオンタリオ州にある「Windsor International Airport」に設置されるなど、一部で導入が始まっている。

図5 図5 矢野経済研究所のワイヤレス給電の国内市場に関する調査リポート モバイル機器向けモジュールの国内市場は、2011年に市場が立ち上がり、普及状況は2011年に47万台、2012年には80万台に増えると予測。送電側と受電側をそれぞれ1つとして算出した。出典:矢野経済研究所の発表資料

 矢野経済研究所が2011年4月20日に発表した、ワイヤレス給電市場に関する国内市場の調査リポートでは、スマートフォンや携帯電話機、タブレットPCといったモバイル機器向けモジュールの国内市場は、2011年に市場が立ち上がり、普及状況は2011年に47万台、2012年には80万台に増えると予測した(図5)。

 その後の状況は、Qi規格に準拠した製品の普及具合に大きく依存するとみる。2015年の出荷台数は、Qi規格が市場拡大をけん引すると仮定したケースで494万台、Qi規格の広がりに時間を要すると仮定したケースでは226万台と予測した。

Texas Instrumentsが業界最小をうたうワイヤレス給電専用ICを発売

 Texas Instrumentsは、2011年4月18日、実装面積が1.9mm×3mmと小さいワイヤレス給電用レシーバIC「bq51013」を発表した。高い機能集積度が特徴で、フルブリッジの整流回路や電圧制御、コントローラといった複数の機能を1チップに集積した。このチップを使うことで、「基板面積を当社従来比で80%削減できる」(同社)と主張する(図A図B)。


 bq51013は、Wireless Power ConsortiumのQi規格に準拠しており、出力電力は5W。交流電力から直流電力への変換効率は最大93%である。既に提供を開始しており、1000個購入時の参考単価は、3.5米ドルである。なお、同社は送電側ICとして「bq500110」を用意している。

図A 図A Texas Instrumentsのワイヤレス給電用レシーバIC「bq51013」を使った実装例 図中の赤い枠が、今回発表したICを使ったときの受電側基板。5mm×15mm程度で構成できるという。
図B 図B bq51013を使ったときの構成図 受電側に必要な回路をほぼbq51013に集積した、

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.