メディア
連載
» 2016年07月27日 09時30分 公開

「SEMICON West 2016」、2年連続のマイナス成長となる半導体産業(後編)福田昭のデバイス通信(80)(2/2 ページ)

[福田昭,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

装置市場成長のカギとなる事柄

 Tracy氏は、装置市場を成長させるカギとなる事柄についても触れていた。半導体製品ではNANDフラッシュメモリ、半導体事業ではファウンドリー事業、地域では中国と東南アジアである。いずれも設備投資の金額が2015年〜2017年に比較的良く伸びると予測する。

成長のカギとなる事柄に対する設備投資金額の予測(クリックで拡大) 出典:SEMI

今後2年の新生産ラインの半分を中国が占める

 続いて2016年と2017年に建設が始まる生産ラインの一覧を示した。全部で21本の生産ラインの建設が始まる。地域別では中国が最も多く、半分を超える10本に及ぶ。

 300mmウエハーに換算した生産能力は、2016年が21万枚/月、2017年が33万枚/月である。

新しい生産ラインの建築計画(クリックで拡大) 出典:SEMI

半導体製造用材料では中国市場が伸びる

 最後の半導体製造用材料の市場を概観した。半導体製造用材料の世界市場は2016年に0.6%成長し、436億8000万ドルに達すると予測する。地域別では台湾が最も大きく、22%を占める。次いで韓国の16%、日本の15%、中国の14%と続く。

 2017年の材料市場は1.2%成長して442億1000万ドルになると予測する。地域別の順位は台湾、韓国と続き、次いで中国が日本を抜いて3位につける。

半導体製造用材料の世界市場(2106年〜2017年)。地域別では中国の伸びが目立つ(クリックで拡大) 出典:SEMI

次の記事を読む

⇒「福田昭のデバイス通信」連載バックナンバー一覧

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.