メディア
インタビュー
» 2017年06月01日 11時30分 公開

ソリューションで勝負、菱電商事が目指す100年半導体商社トップインタビュー 菱電商事(3/3 ページ)

[庄司智昭,EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3       

「半導体商社の買収はあまり考えていない」

EETJ 2018年までの中期経営計画では、売上高2700億円と営業利益100億円の目標を掲げています。15個の新規事業で、達成までの材料はそろったでしょうか?

正垣氏 ソリューション関連の売り上げは現在、全体の約10%である。まいた種が芽を吹いており、採用事例も増えてきた。中期経営計画の達成は、期待しても良いのではないか。2018年には全体の20%までソリューション関連の売り上げを増やしたい。

EETJ ソリューションは成長していくと思いますが、半導体デバイスの部分はメーカーの経営統合や自然災害など、リスクを抱えているように思います。

正垣氏 2016年4月の熊本地震では当社も被害を受けたが、幅広い基幹事業があることから、為替の変動やメーカーの統合も含めて、そこまでリスクとは思っていない。

EETJ 半導体商社の再編も激しくなる可能性が高いといわれています。他の商社を買収するのか、それともソリューション事業に振り切るのでしょうか。

正垣氏 後者に近い。何かリスクが起こった時では遅いため、ソリューション関連に種をまいてきた。他の半導体商社を買収することは考えていない。ソリューション関連でもベンチャーに出資することはあるが、買収に関してはあまり考えていない。

InfoLinkerを装着してくれた正垣氏

EETJ 海外展開については、どのように考えていますか?

正垣氏 2013年から海外展開も積極的に進めており、2016年にメキシコが増えて現在19カ所の拠点がある。これまでは半導体デバイスの対応が中心だったが、FAや空調冷熱、ソリューションの展開も進めている。

EETJ あらためて今後の抱負を教えてください。

正垣氏 あと5年で第3クオーターを終えるが、100年企業に向けた次のエンジンとなるよう、ソリューション事業を成長させることに引き続き注力していきたい。

特集サイト 半導体商社

特集 半導体商社

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.