メディア
ニュース
» 2021年07月07日 13時30分 公開

NDK、超低位相雑音の恒温槽付水晶発振器を開発最高レベルのフロアノイズ特性

日本電波工業(NDK)は、位相雑音が極めて低い恒温槽付水晶発振器(OCXO)「NH37M28LP」を開発、2021年10月からサンプル出荷を始める。計測器やレーダーシステム、医療機器、マイクロ波の基準信号といった用途に向ける。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

100MHzからの逓倍などで、約30〜50dBも性能を向上

 日本電波工業(NDK)は2021年7月、位相雑音が極めて低い恒温槽付水晶発振器(OCXO)「NH37M28LP」を開発、2021年10月からサンプル出荷を始めると発表した。計測器やレーダーシステム、医療機器、マイクロ波の基準信号といった用途に向ける。

NH37M28LPの外観

 NH37M28LPは、公称周波数が100MHzで、装置内で10MHzから逓倍をしていたこれまでと比べて、20dBの性能向上が期待できるという。しかも、新製品は独自の低ノイズ回路を採用するなどして、フロアノイズ特性は世界最高レベルを達成している。オフセット周波数が100kHz時の位相雑音は代表値で−185dBc/Hzである。出力部にも独自の正弦波出力回路を採用してノイズを抑えた。これらのフロアノイズ特性を考慮すると、実際には約30〜50dBの性能向上が期待できるという。回路規模を小さくすることも可能だ。

 NH37M28LPの動作温度範囲は−20〜70℃(オプションで−40〜85℃)、周波数温度特性は最大±100×10-9、電源電圧は5V、パッケージの外形寸法は36×27.0×19mmである。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.