メディア
ニュース
» 2021年08月26日 10時30分 公開

FoxconnがMacronixの生産設備を買収、半導体生産に参入へEV進出計画の一環で

Appleの「iPhone」などの民生機器の世界最大の組み立てメーカーであるFoxconn Technology Group(以下、Foxconn)は、電気自動車(EV)への進出計画の一環として、半導体生産に参入する。

[Alan Patterson,EE Times]

 Apple「iPhone」など民生機器の大手組み立てメーカーであるFoxconn Technology Group(以下、Foxconn)は、電気自動車(EV)への進出計画の一環として、半導体生産に参入する。

 Foxconnは最近、台湾を拠点とするMacronix International(以下、Macronix)の6インチシリコンウエハー工場と設備を25.2億台湾ドル(約99億円)で買収すると発表した。

 この買収は、Foxconnにとって半導体生産の第一歩となる。同社は、EVや医療用電子機器など高成長製品の生産を強化する計画の一環として、同工場を利用するという。FoxconnのEVアライアンス「MIH」には、これまでにハードウェアおよびソフトウェアを提供する1200社以上のパートナー企業が参加している。パートナー企業は、2021年10月にEVキットを、2022年に電気バスのプロトタイプを共同で発売する予定だという。

 MIHアライアンスのもう1つの目的は、「Android」のような、EV向けオープンプラットフォームを構築することだ。

 Foxconnのチェアマンを務めるYoung Liu氏によると、同社はMacronixの工場を利用して、半導体、特にEVに使用されるパワーコンポーネントの開発と生産を行うという。同氏は、「台湾の新竹サイエンスパーク(Hsinchu Science Park)にある同施設は、Foxconnの半導体事業グループの拠点になる」と付け加えた。

 同社がEV事業への進出を図っているのは、主力のスマートフォン事業の成長が鈍化しているためだ。これによって、EVではTeslaや中国のNIOに後れを取っている、Appleなどの既存顧客との関係を強化したい考えだ。

 Foxconnは、独自の車載半導体を製造することで、世界的な半導体不足のために生産ラインの休止を余儀なくされている自動車メーカーに対する競争上の優位性を獲得したい考え。また、半導体を自社供給することで、在庫管理がしやすくなり、生産コストを削減することもできる。

 同社は、主要な自動車メーカーともパートナーシップを結んでいる。Fiat ChryslerはFoxconnとの合弁事業を立ち上げて、中国でEVの製造とコネクテッドカーを開発する計画だという。

 Foxconnと中国の自動車メーカーであるZhejiang Geely Holding Groupは2021年1月に、他の自動車メーカーの受託生産に協力すると発表している。同社はVolvoを傘下に置くほか、Daimlerの株式の9.7%を保有している。

 Foxconnは、米国の自動車メーカーであるFiskerとも提携している。両社は、2023年第4四半期までにEVの生産を開始する計画だという。FiskerはFoxconnとの協業によって、プラグインハイブリッドカー「Karma」での失敗を乗り越えてEV事業における存在感を回復できるかもしれない。

 FoxconnにとってEV事業への進出は、AppleやDellのノートPC製造と同じように、エレクトロニクスブランド向けに低コストのモジュールを開発する新たな機会となる。今回の違いは、Foxconnがシャープの買収によって獲得した高度なディスプレイ技術によって、パートナーにさらなる付加価値の提供を目指していることだ。

【翻訳:滝本麻貴、編集:EE Times Japan】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.