メディア
ニュース
» 2021年11月09日 23時35分 公開

TSMC、熊本でのファウンドリー設立を正式発表ソニーセミコンダクタソリューションズが出資

TSMCは2021年11月9日(台湾時間)、半導体に対する世界的に旺盛な需要に対応することを目的に、22nm/28nmプロセスを皮切りとした半導体の製造受託サービスを提供する子会社「Japan Advanced Semiconductor Manufacturing(以下、JASM)」を設立すると発表した。ソニーセミコンダクタソリューションズ(以下、SSS)は、同社に少数株主として参画する。

[永山準,EE Times Japan]

 TSMCは2021年11月9日(台湾時間)、半導体に対する世界的に旺盛な需要に対応することを目的に、22nm/28nmプロセスを皮切りとした半導体の製造受託サービスを提供する子会社「Japan Advanced Semiconductor Manufacturing(以下、JASM)」を熊本県に設立すると発表した。ソニーセミコンダクタソリューションズ(以下、SSS)は、同社に少数株主として参画する。

 JASMのファウンドリーは2022年の建設開始を予定しており、2024年末までに生産開始を目指す。同ファウンドリーでは、約1500人の先端技術に通じた人材の雇用を創出し、月間生産能力は4万5000枚(300mmウエハー)となる見込みだ。同ファウンドリーの当初の設備投資額は約70億米ドルとなる見込みで、「日本政府から強力な支援を受ける前提で検討している」という。

 TSMCとSSS間で締結した確定契約に基づき、SSSは、約5億米ドルを資本金として出資し、20%未満の株式を取得する予定だ。

 SSSの社長兼CEO(最高経営責任者)、清水照士氏は、「世界的な半導体不足が続く中、今回のTSMCとのパートナーシップが、当社だけではなく、産業界全体のロジックウエハーの安定調達に寄与することを期待する。世界最先端の半導体生産技術を持つTSMCとのパートナーシップをより一層強め、深めていくことは、ソニーグループにとって大いに意義があるものと考えている」と述べている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.