メディア
ニュース
» 2021年11月30日 16時35分 公開

2022年の世界半導体市場規模は6000億米ドル超へWSTS、予測を上方修正

世界半導体市場統計(WSTS)は2021年11月30日、2021年秋季の半導体市場予測を発表した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

 世界半導体市場統計(WSTS)は2021年11月30日、2021年秋季の半導体市場予測を発表した。同予測によると、2021年の世界半導体市場規模は5529億6100万米ドルに達し、過去最高だった2018年の4687億7800万米ドルを上回るという。また2022年の世界半導体市場規模は、6000億米ドルの大台を突破し、6014億9000万米ドルに達する見込みだという。

 2020年の世界半導体市場規模(実績値)は4403億8900億米ドルで、WSTSの予測通りであれば、2021年は前年比25.6%の大幅成長になる。

 WSTSは2021年の半導体市場規模予測について「2020年に半導体市場を牽引したプラス要素が継続し、またワクチン接種の進展に伴う経済活動の再開もあり、半導体は幅広く需要が強いため」としている。

半導体市場規模の推移。2021年、2022年は予測値[クリックで拡大] 出所:WSTS

 2022年の世界半導体市場規模については、2021年予測比8.8%増の6014億9000万米ドルと予測。WSTSでは「足下においても多くの用途で半導体需要が旺盛であり、この傾向が当面は継続するとみた」としている。

 なお、WSTSは2021年6月8日公表の春季予測時点では、2021年市場規模は5272億2300万米ドル、2022年市場規模は5734億4000万米ドルと予測しており、今回の予測では、2021年で257億3800万米ドル、2022年で280億5000万米ドルそれぞれ上方修正されたことになる。

2022年の日本半導体市場は、2008年以来の5兆円突破か

 2021年における地域別市場規模予測は、アジア太平洋地域が最も大きく3434億1900万米ドル(前年比26.7%増)。次いで米州1188億3500万米ドル(同24.6%)、欧州471億2600万米ドル(同25.6%増)、日本435億8100万米ドル(同19.5%)になっている。

地域別市場規模推移。2021年、2022年は予測値[クリックで拡大] 出所:WSTS

 円ベースの日本における半導体市場規模予測は、2021年が4兆7486億円(同10.3%増)、2022年が5兆2395億円(換算レートは2021年が1米ドル=109円、2022年が同110円)。なお、市場規模が5兆円を突破すれば、2008年以来になる。

 製品別、IC別の市場規模予測は次の通り。

製品別市場規模推移。2021年、2022年は予測値[クリックで拡大] 出所:WSTS
IC別市場規模推移。2021年、2022年は予測値[クリックで拡大] 出所:WSTS

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.