メディア
ニュース
» 2021年10月22日 09時30分 公開

ウエハー出荷面積、2024年まで旺盛な成長続く2021年は過去最高となる見通し

SEMIは、半導体向けシリコンウエハーの出荷面積を予測した。2021年は前年に比べ13.9%増加し、過去最高の約140億平方インチとなる見込み。さらに、2024年までは旺盛な成長が続くと予想した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

2021年は約140億平方インチ、2024年は約160億平方インチへ

 SEMIは2021年10月18日(米国時間)、半導体向けシリコンウエハーの出荷面積を予測し発表した。2021年は前年に比べ13.9%増加し、過去最高の約140億平方インチとなる見込み。さらに、2024年までは旺盛な成長が続くと予想した。

 半導体向けシリコンウエハーの出荷面積は、2019年にマイナス成長となったが、2020年にはプラス成長に転じた。2021年はロジック、ファウンドリー、メモリ向けの需要が旺盛で、2桁の大幅な成長につながった。その後も、1桁成長ながら出荷面積は拡大を続け、2024年には、約160億平方インチに達すると予測した。

半導体用シリコンウエハー出荷面積の実績と予測(半導体用以外のシリコンウエハーは含まない。単位:100万平方インチ) 出所:SEMI

 好調な半導体デバイスの需要を受けて、シリコンの出荷面積も拡大を続ける。SEMIの市場調査統計部門市場アナリストを務めるInna Skvortsova氏は、「今後数年間は、成長の勢いが持続すると予想される。しかし、マクロ経済の回復スピードが鈍化した場合や、ウエハーの生産能力増設が、需要の拡大に間に合わない場合は、成長が抑制されるかもしれない」との見方を示した。

 半導体向けシリコンウエハーの出荷面積は、ウエハーメーカーがエンドユーザーに出荷した、ポリッシュドウエハーとエピタキシャルウエハーの数値を集計している。ノンポリッシュトウエハーと再生ウエハーの数値は、このデータに含まれていない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.