メディア
ニュース
» 2021年11月16日 09時30分 公開

2021年7〜9月ウエハー出荷面積、過去最高を更新2021年4〜6月に比べ3.3%増加

SEMIは、2021年第3四半期(7〜9月)における半導体向けシリコンウエハーの出荷面積が、四半期ベースで過去最高となる36億4900万平方インチになったと発表した。シリコンウエハーの世界需要は、引き続き高水準で推移するとみられている。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

新たなファブが立ち上がり、引き続き高水準で推移

 SEMIは2021年11月4日(米国時間)、2021年第3四半期(7〜9月)における半導体向けシリコンウエハーの出荷面積が、四半期ベースで過去最高となる36億4900万平方インチになったと発表した。シリコンウエハーの世界需要は、引き続き高水準で推移するとみられている。

 SEMIは、SEMI Silicon Manufacturers Group(SMG)によるシリコンウエハー業界の分析結果を基に、四半期ベースの出荷実績を発表している。半導体向けシリコンウエハーは、2021年第2四半期(4〜6月)に35億3400万平方インチになり、過去最高の出荷面積になった。第3四半期はさらに前期を3.3%も上回り、過去最高の出荷面積を更新した。2020年第3四半期に比べると、16.4%の増加になる。

四半期ベースの半導体向けシリコンウエハー出荷面積(半導体用以外のシリコンは含まない)。単位:100万平方インチ 出所:SEMI

 SEMI SMG会長でShin-Etsu Handotai America技術TS副会長を務めるNeil Weaver氏は「シリコンウエハーの出荷面積は、第3四半期に新記録を達成したが、全ての口径で出荷面積は増加している。今後数年間で多くの新しいファブが立ち上がる。このため、シリコンウエハーの需要は、引き続き高い水準で推移すると予想される」とコメントした。

 今回発表された数値は、ウエハーメーカーがエンドユーザーに出荷した、バージンテストウエハー、エピタキシャルウエハーを含むポリッシュドウエハーと、ノンポリッシュドウエハーを集計したものである。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.